名古屋で家の売却を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産仲介会社を徹底比較してご紹介しています。

不動産の買取保証とは?知っておきたい不動産売却の保証制度

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/06/28


不動産売却において「買取保証」という単語を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。買取保証について知っていると、不動産売却をよりスムーズに進めることができることもあります。ここでは買取保証とはどのような制度で、どんなメリットとデメリットがあるのか、利用する際の条件や利用するうえでのポイントについて解説します。

不動産の買取保証とは

不動産の買取保証とは、売り出した不動産が一定期間売れなかった時、もともと取り決めをしていた金額で不動産会社がその不動産を買い取るというものです。一般的な不動産売却では、不動産広告を出して購入したい人を見つけ、売却を行います。買取保証は第三者ではなく不動産会社自身が物件の買主となります。

不動産買取保証のメリットとデメリット

買取保証のメリットは、決められた期間で売却活動を完了できることです。一般的な不動産売却では、販売開始から完了まで3~4ヵ月程度かかると言われています。買主が見つからなかったり、条件が折り合わなかったりすれば、売却に半年~1年以上かかることもあります。買取価格は相場の7割程度になるため、利益の面ではデメリットもありますが「早く売りたい」という人にとって、決まった期間で確実に売却できる買取保証は魅力的な制度と言えます。一定期間は通常の売り出しを行うため高値で売れる可能性もあり、保証があれば売れ残ることもないためです。

「転勤が決まっていて、それまでに家を売却しなければならない」「離婚したので、年内には家を売って財産分与を完了させたい」など、早く売らなければならない事情のある方におすすめです。また、買取では瑕疵担保責任(売却した不動産になんらかの瑕疵があった場合、売主が責任を持たなければならないというもの)が免除される点もメリットです。

また、買取では不動産会社が買主となるため、一般の不動産売買で必要となる仲介手数料も発生しません。3,000万円で家が売れた場合、約100万円の仲介手数料を支払うことになるため、たとえ相場よりも低い金額での取引となっても、実質手元に残る金額がそこまで大きく減るわけではないと言えます。買取保証付きの契約であっても、定められた一定の期間は普通の売却活動も行いますが、不動産会社もそこまで一生懸命売却活動を行うわけでなないので、基本的には買取保証での売却を前提として、その前に売れたらラッキーくらいに考えて少し高めに売り出すのもいいでしょう。

不動産買取保証を利用する条件

買取保証を受けるためには、不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶ必要があります。不動産会社に不動産売却を依頼する際に交わす媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3つの種類があります。

専属専任媒介契約の場合は売主が自分で買主を探してきて契約することはできなくなりますし、媒介契約を結ぶことのできる不動産会社は1社のみです。専属専任媒介契約を結んだら、一定期間は自分を含め他の不動産会社に仲介を依頼することもできなくなるため、会社選びは慎重に行ってください。一般媒介でも買取保証を利用することが可能な不動産会社も稀にありますが、専属専任媒介契約が最も力をいれて対応してもらうことができます。

また、不動産会社は転売益を見込んで買取を行うため、買取保証を受けることができるのは市場で需要のある物件だけです。人口が少ないエリアの物件や専有面積が40平方メートル以下の小さすぎる物件、1981年より前に建てられた旧耐震基準の物件などは買取保証が受けられる可能性が低くなります。買取保証可能な物件の条件は不動産会社によって異なるため、複数の不動産会社に相談してみるといいでしょう。

不動産買取保証を利用するときのポイント

買取保証は、まず査定を受け、その後不動産会社との媒介契約を結び、その後不動産会社が売却活動を行い、売れなければ買い取ってもらうという流れになります。査定は複数の不動産会社に依頼して、買取保証が可能か、可能な場合はいくらで買い取ってもらえるのかを確認してください。複数の不動産会社の査定額を比較することで不当に安く物件を買われてしまうリスクを軽減することができます。買取の条件は最初に定めたものをあとから変えることはできません。

あとから後悔しないよう、契約は自分が納得したうえで行ってください。買取保証を利用していても、通常の売却活動期間に高く売れるに越したことはないため、不動産会社からきちんと売却活動を行っているかどうか報告をうけてください。不動産会社には宅地建物取引業法に基いて、専属専任媒介であれば1週間に1回、専任媒介でも2週間に1回以上の頻度の報告義務があります。広告活動などが適切に行われているか、チェックをしましょう。

 

不動産買取保証は売却に使える期間が決まっている人にとって魅力的な仕組みです。確実に売却を完了できるため、その後の予定も立てやすくなります。買取保証が使えるのは市場で需要がある物件に限られてはいるものの、使える場合はうまく活用することでスムーズな不動産売却を実現することができます。こちらで紹介した内容を、お手持ちの不動産の売却に役立ててください。

おすすめ不動産仲介会社

商品画像
商品名不動産パートナーズホームプランナーナカジツ三井住友トラスト不動産大京穴吹不動産
特徴売主にとって最適な売却プランを提案リノベーションによる売却不動産の価値向上住宅健康診断「ホームインスペクション」の実施エリア流通性に合わせた広告展開全国トップクラスの不動産ネットワーク
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧