名古屋で家の売却を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産仲介会社を徹底比較してご紹介しています。

不動産売却でおさえておきたい買い取り保証

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/26

不動産を売るというのはとても大きな決断ですよね。しかし、名古屋市では土地価格が上昇傾向にあり、売却を迷っていた物件を売るのに適した時期が到来しています。ところが人気のある名古屋市内であっても不動産は必ず売れるとは限りません。そこで知っておきたいのが、買い手が見つからない時に備える買い取り保証という制度です。

最初におさえたい不動産売却の方法

不動産売却をする場合にまず知っておかなければならないのが、売却方法です。不動産を売る場合には買い取りと仲介という二つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

買い取りは不動産の売却に時間をかけられない場合や、売り手側の負担を軽くしたい場合に適した方法です。これは不動産会社が不動産を買い取ることで成立する方法で、売り手は買い手に直接売却する形となるため仲介手数料がかからないというメリットがあります。しかも買い手は不動産会社となるので取引の成立が早く、短期間での契約成立が見込めます。ただし買い取りをした不動産会社側は物件のリフォームをしたり、会社側から広告を出したりして次の買い手を探すため、その分の費用が買い取り金額から目減りするのがデメリットです。

一方の仲介は仲介を請け負う会社を中継して買い手を探す方法で、仲介会社は自社の顧客に物件を紹介し、売り手に代わってウェブや広告の配布といった営業をおこないます。買い手が見つかった場合には、契約の手続きや引き渡しまでのサポートといった問題になりがちな部分を調整し、売り手が直接買い手を見つけるよりも負担が少なくなるのが特徴です。仲介手数料は必要ですが、不動産会社による買い取りよりも高く売れる可能性もあります。しかしながら買い手が見つかるまでは売却が実現せず、時間がかかる可能性がある点はデメリットです。

確実な不動産売却を実現する買い取り保証とは

不動産売却は一般の品物の取引と違って時間がかかるうえ、必ずしも売却できるとは限らないというリスクがあります。それでも確実に不動産売却をしたいのであれば、買い取り保証という仕組みを利用するのがひとつの手段です。不動産の買い取り保証とは、仲介によって不動産の売却を希望した場合に利用できる仕組みで、一定期間が経過しても不動産の売却が成立しなかった場合に不動産会社が物件を買い取ることを保証する仕組みです。

一般的に不動産売却は仲介方式を利用した方が価格は高くなるものの、時間がかかり買い手が見つからないといった問題が付きまといます。この買い取り保証は売り手にとって有利な仲介方式をとりながらも、一定期間が経過しても買い手が見つからなかった時には、多少価格が低くなっても確実に買い取りをしてくれるため、売り手にとってメリットのある方法といえます。

こうした買い取り保証を利用するためには不動産会社との間に結ぶ専属専任媒介契約と呼ばれる契約によって、一定期間は契約した特定の不動産会社だけが買い手を探すことを委任する必要があります。会社によっては売り手も直接買い手を探せる専任媒介契約で利用できる場合があるので、個人的に買い手を探すことができる場合には仲介契約の形態にも注意した契約が必要です。また、買い取り保証が付けられる物件には会社ごとに異なる基準があるため、その部分の確認は必須です。

買い取り保証のメリットとデメリットをおさえよう

売り手にとってメリットの多い買い取り保証ですが、その特徴をよく理解しなければなりません。まず、買い取り保証のメリットについてみていきましょう。

買い取り保証は仲介方式による不動産売却に付けられるオプションのようなもので、売却期限内に契約が成立した場合は買い取りよりも高く売れます。しかも売却期限と買い取りになった場合の価格があらかじめ設定されるため、計画的な不動産売却を希望する方には向いています。

また、最終的に買い取りが約束されることから、可能なら仲介方式で高く売りたいが買い取り価格でも充分と考える場合は、仲介方式ながらも内覧対応やリフォームといった売り手負担になる部分を必ずしも実行する必要がないのも魅力でしょう。さらに買い取りになった場合は仲介方式と異なり仲介手数料や担保責任も免除されます。

しかし、買い取りになった場合は相場のおよそ7割程度の価格での売却となる点や、最終的に不動産会社が買い取ることで契約が完了するため、一般の仲介よりも営業活動が少なくなる可能性は考慮しなければなりません。仲介の保険として利用する場合は、個人でも買い手を探せる契約を結べるかを確認した上で決定するのがよいでしょう。

そして、買い取り保証が付けられるのは敷地面積や専有面積が一定以上の新しい耐震基準を満たしている物件に限定されることがほとんどであるため、古い家屋や狭小な住宅地を売却する場合には利用できない場合があることにも注意が必要です。

 

土地価格が上昇している名古屋市内で不動産売却を検討しているなら、買い取り保証付きの契約も考慮するのがおすすめです。しかし、契約条件などは会社によって違います。名古屋市内にはたくさんの会社があるので、比較検討するのがよいでしょう。

おすすめ不動産仲介会社

商品画像
商品名不動産パートナーズホームプランナーナカジツ三井住友トラスト不動産大京穴吹不動産
特徴売主にとって最適な売却プランを提案リノベーションによる売却不動産の価値向上住宅健康診断「ホームインスペクション」の実施エリア流通性に合わせた広告展開全国トップクラスの不動産ネットワーク
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索