名古屋で家の売却を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産仲介会社を徹底比較してご紹介しています。

年金が足りないときによく検討される不動産売却

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/30

近年日本では65歳以上になると年金をもらえる仕組みになっていますが、年金額の減少傾向が顕著です。とくに今後年金をもらう人は今以上にもらえる可能性は低いといわれています。すると生活が厳しくなる可能性も出てくるでしょう。この場合、名古屋で不動産を所有しているならば不動産売却をとおして費用を工面することもできます。

小さな建物に住みたい場合に売却する

子どもと同居していた人でも、年金生活を送る頃には子どもが既に独立し、同居していない可能性が高いでしょう。つまり、夫婦の両方とも生きていた場合には2人だけで生活することになることになります。すると大きな一戸建て住宅が不要となり、不動産を売却してもう少し小さい家などに移住する方法も考えられます。

一般的に、日本の住宅の中でも一戸建て住宅は、4LDKが主流です。高齢になると階段の上り下りが厳しくなる傾向があるため、2階建ての4LDKや3階建ての住宅は生活をするのに不便なことも多いでしょう。このような場合において、一戸建て住宅を売却して2LDKなどの小さなマンションに住む夫婦が増加傾向にあります。

このとき不動産を売却することになります。名古屋には、2LDKのマンションも多いため、マンションを探すのはそこまで苦労しません。しかし、年金生活後もマンションのローン等を払うことは難しいため、不動産売却をしてそのお金をマンションの購入費用に充てる方法がおすすめです。

あるいは、賃貸マンションを借りる場合でも毎月の年金の受給だけでは生活を維持するのが苦しくなる可能性があるため、不動産を売却したときのお金を切り崩していき、将来にわたって賃料を払い続ける方法もあります。いずれにしても、充分な資産がないならば不動産売却という方法は賢い方法といえるでしょう。

どのタイミングで売却するかも重要

名古屋で不動産売却をするといっても、どのタイミングで売却するかにより金額が随分と異なります。そのタイミングを間違えてしまうと、年金だけで生活することが難しくなる可能性も出てくるため注意が必要です。しかし、それでも大きくタイミングを間違えない限り年金と不動産を売却した時のお金だけで生活をすることは充分可能です。

売却のタイミングには、自然災害なども頭に入れておくことをおすすめします。もともと高台などに居住していた場合は別ですが、多くの場合は低地に住宅を構えていることが多いでしょう。名古屋周辺は濃尾平野が広がっており、川も多いことから洪水などが起こる可能性は否定できません。とくに将来的に地球温暖化が進みますます降水量が増えることを考えれば、低地ほど洪水の被害を受ける可能性があり、今までよりも土地の値段が下がってしまう傾向が出てくるでしょう。

もし1度でも大きな洪水が起きた場合には、堤防を新しくしない限り頻繁に床上浸水あるいは床下浸水が発生する恐れがあります。そうすると、その土地に対してネガティブなイメージがついてしまい、土地の価格が1割から2割位は下がる可能性が高いでしょう。このようなことを見越すと、早い段階で売却をすることをおすすめします。

自然災害を考えなくても、人口の減少から中古住宅を購入する人がそこまで増えない可能性があります。人口がそれなりに多い名古屋でも、それほど不動産の価格が上がっていないことを考えれば、売却の先延ばしをすればするほど値段が落ちる可能性が高いでしょう。

将来の生活費に充てる場合に計算しておきたいこと

不動産売却をするにあたり、いくらぐらいの金額で売れるかは売却する側からとって大きな関心事です。当然、より高い金額で売れればそれ以上の喜びはないでしょう。しかしながら、多くの人は売却をするときにかかる手数料等のことをあまり考えていない傾向があるようです。

たとえば、不動産が2,000万円で売れた場合でも2,000万円がそのまま手元に入るわけではありません。実際に手元に入るのは18,000,000円位と考えておいた方が無難でしょう。具体的にどのような点でお金がかかるかといえば、まず仲介手数料が考えられます。仲介手数料は通常仲介をしてくれた不動産会社に支払うもので、売却価格のおよそ3%がこれに該当します。つまり2,000万円の不動産の場合には60万円ほどの仲介手数料が必要になるわけです。

次に大きな金額になり得るのは、不動産の抹消登記です。抹消登記に関しては、住宅ローンがまだ残っている場合に必要になる登記です。そのため、すでに住宅ローンの返済を終えている場合は抹消登記をする必要はありません。もし抹消をする場合は、かかる費用は20万円前後と考えておけばよいでしょう。

それ以外にも、印紙代等がかかります。印紙はそこまで大きな費用ではありませんが、1万円から5万円前後の支払いがあると予想しておけば安心です。不動産売却等直接的に関係はありませんが、引っ越しをするときの費用も頭に入れておきたいところです。

 

将来の年金の足しにしたいと考えて名古屋で不動産売却をする人も多いでしょう。この時には売却するタイミングを考えておきたいところです。また、不動産売却をする場合は入ってくるお金だけでなく出ていくお金もあることも認識しておきましょう。

おすすめ不動産仲介会社

商品画像
商品名不動産パートナーズホームプランナーナカジツ三井住友トラスト不動産大京穴吹不動産
特徴売主にとって最適な売却プランを提案リノベーションによる売却不動産の価値向上住宅健康診断「ホームインスペクション」の実施エリア流通性に合わせた広告展開全国トップクラスの不動産ネットワーク
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索