名古屋で家の売却を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産仲介会社を徹底比較してご紹介しています。

スピーディに不動産売却をする方法

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/09

転勤や相続などの都合で、名古屋で不動産を早く売りたいという方もいるでしょう。しかし、売りに出した不動産がなかなか売れないケースも多くあります。では、不動産売却をスピーディに行うにはどうすればよいでしょうか。今回は、名古屋で早く不動産を売りたい方に向けて、スピーディに不動産売却をする方法について解説していきます。

早急に売却したいなら「買取」を検討しよう

急な転勤が決まった場合や相続税の支払いが迫っている場合など、早急に不動産売却をしたいというケースでは、「仲介」ではなく「買取」を選択するとよいでしょう。

不動産会社に不動産売却の仲介を依頼した場合には買い手を探すところから始めなければいけないため、売却したい期日までに売れない恐れがあります。一般的に、不動産会社に売却の仲介を依頼した場合、売却が成立するまでに3~6カ月ほどかかるとされているのです。また、場合によっては6カ月を過ぎても買い手が見つからず、なかなか売却が成立しないというケースも少なくありません。

一方で、不動産会社に買い取ってもらう買取は、買い手が決まっている状態なので、1カ月ほどで売却することが可能です。また、買い手が不動産会社であるため、仲介手数料がかからないことや、内見の必要がないというメリットがあります。加えて、売却後の不動産に何らかの欠陥があった場合に、売主が責任を負う瑕疵(かし)担保責任がないのも買取のメリットとなります。

このように、買取は仲介よりも早期に売却できるだけでなく、仲介手数料がかからないなどさまざまなメリットがあるものですが、デメリットも存在するため注意が必要です。買取のデメリットとしては、仲介を選択するよりも売却価格が安くなってしまうことです。売り出す物件にもよりますが、一般的に買取の売却価格は仲介と比べて2~3割ほど安くなってしまいます。したがって、売却価格よりも売却成立までの時間を優先するのであれば、買取を選択することをおすすめできるのです。

「仲介」を選択するなら相場よりも価格を安く設定しよう

不動産を売却するにあたって、高く売ることと早く売ることを両立できることは非常に稀です。そのため、仲介でスピーディに不動産を売却したいのであれば、価格をある程度下げることは覚悟しておく必要があります。

基本的に、不動産の購入を検討している人は、購入金額の上限を設定してその金額内で少しでもよい条件の物件を探しているはずです。そのため、相場よりも価格を下げておけば、同じような条件の物件よりも購入者の目に留まりやすくなり、早く売却できる可能性が高まります。相場よりも1割程度価格を下げるだけでも、買い手を見つけるのは容易になるでしょう。

また、売りに出したもののなかなか買い手が見つからない場合は、更なる値下げを検討しなければいけません。しかし、闇雲に値下げをしても充分な効果が得られない可能性もあるため注意が必要です。

現在、不動産の購入を検討する際にポータルサイトを活用するのが当たり前の時代になっていますが、ポータルサイトではキリのよい数字で物件を絞り込めるようになっています。そのため、たとえば4,200万円の物件を4,000万円に値下げしたとしても、同じ層のターゲットの目に留まらないので効果的な値下げとはいえません。

この場合、4,000万円以下の条件で物件を絞り込んだターゲットにアプローチするために、3,980万円といった価格に設定するのが有効です。このように、値下げの方法を工夫することで早めの売却が実現できる可能性が高まります。

「買取保証」を選択するのも有効

不動産売却する際に、高く売ることと早く売ることを可能な限り両立させたい場合は、「買取保証」を選択するのが効果的です。買取保証は、仲介と買取を組み合わせたような方法のことをいいます。

まずは不動産会社と仲介契約を結び、あらかじめ決めておいた期間は通常の仲介と同じような売却活動を行います。そして、決めておいた期間内に買い手が見つからなかった場合は、不動産会社に買い取ってもらうという方法です。買取保証は、高額で売却できる可能性を残しつつ、最終的には確実に売却できるので、早く売りたいもののできれば高額で売却したいという方におすすめの売却方法といえるでしょう。

しかし、不動産会社によっては買取保証が選択できない場合もあるので、名古屋で買取保証を利用したい場合は事前に不動産会社に問い合わせておく必要があります。また、この方法を利用できるのは、各不動産会社が設定した条件を満たした物件のみとなっています。築年数や土地の面積、立地条件などによっては、買取保証を選択できない場合もあるため注意が必要です。

さらに、買取保証を利用する場合は、他の不動産会社と契約できない専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結ぶ必要があることや、売却価格が査定価格の9割程度となるというデメリットもあります。このように、買取保証にはメリットだけでなくデメリットも多数存在するため、名古屋で不動産売却するにあたり買取保証を希望する際はデメリットについても充分に理解しておくことが大切です。

 

不動産売却では、高く売ることと早く売ることを両立させるのは非常に困難です。そのため、早期での売却を最優先に考えるのであれば、買取を選択することをおすすめします。また、少しでも高く売れる可能性を残したいのであれば、相場よりも価格を下げたり、買取保証を利用したりするのが有効です。ただし、買取保証では専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結ぶのが一般的なので、不動産会社の選定が重要となります。

おすすめ不動産仲介会社

商品画像
商品名不動産パートナーズホームプランナーナカジツ三井住友トラスト不動産大京穴吹不動産
特徴売主にとって最適な売却プランを提案リノベーションによる売却不動産の価値向上住宅健康診断「ホームインスペクション」の実施エリア流通性に合わせた広告展開全国トップクラスの不動産ネットワーク
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索