名古屋で家の売却を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産仲介会社を徹底比較してご紹介しています。

不動産売却を検討すべき時期やタイミング

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/19

名古屋で不動産を所有している場合でも、その不動産を利用しなければ毎年固定資産税が無駄にかかってしまいます。思い切って不動産売却をした方が良いかもしれません。ただ、不動産売却をするといっても闇雲に売却するのではなくより妥当なタイミングを考えて売却するべきです。どのタイミングで不動産売却をしたらよいかを説明していきます。

住宅ローンがある場合の売却時期とは

名古屋で不動産売却を検討している場合、もしその不動産に住宅ローンがなければローンのことを気にする必要はありません。しかし、不動産にローンがついていた場合にはそのローンの返済時期を考えて売却しましょう。基本的に、たくさん住宅ローンが残っている場合には、不動産売却をするのは難しいです。例えば、10,000,000円以上の住宅ローンが残っている場合でも、全く売却することができないわけでは無いですが、多くの場合売却した金額よりも住宅ローンの方が多いと断られます。 そのため、まずいくら住宅ローンが残っているかを確認しましょう。

そして、住宅ローンが残っている場合どれぐらいの金額で売却できるか不動産会社に査定を依頼するべきです。見積もりをして、住宅ローンの額よりも査定金額が少なければまず売却の許可が下りることはありません。そもそも、住宅ローンを組んでいる段階では、住宅の所有権は金融機関にあります。この場合、勝手に処分することは他人の財産を処分するのと同じになってしまい、犯罪行為に該当するでしょう。これを避けるためには、やはり住宅ローンを査定金額よりも少なくするしかありません。

仮に住宅ローンが査定金額より少なくなったとしても、すぐに売却の許可が下りないケースもよくあります。あまりギリギリの金額の場合、仮に査定金額通りに売却されなければ金融機関が損をすることになるからです。

基本的に売却をする場合は新年度を狙うのが良い

住宅は、時期によって金額が大きく変わることは少なくありません。例えば、6月ごろに売却するよりも12月ごろに売却をした方が高く売れるケースが見受けられます。時期によって金額が変わるといっても、特別高くなるわけではありません。逆に特別売却金額が下がるようなケースも少ないでしょう。しかし、わずか100,000円でも高く売却できるとすればより良い時期を選びたいものです。

より良い時期と言われているのは、新年度になります。新年度に高く売却できる理由の1つは、引っ越しをする人が多いからです。例えば、多くの会社で新年度に転勤があります。現金をするときには、新しい住居に住むことになるものの、今まで賃貸物件に住んでいた人が転勤をきっかけに新しい勤務先で住宅を購入するケースも少なくありません。住宅を購入すると、頻繁に転勤がなくなるため割と積極的に住宅購入を考える人もいます。これは、不動産を売る立場になればチャンスと言えるでしょう。

新年度に需要が高まった場合には、どの時期に売却をしたら良いか気になるところです。基本的には、いくら新年度に高値で売れるといっても、新年度が始まってから売却しても遅いでしょう。また、2月から3月ごろに売却しても少しタイミングが悪いといえます。それよりも、前の年の12月には売却の相談をして不動産会社に申し込んでおくのが良いでしょう。

価格が高くなる時期は建物の築年数による

名古屋で自分の住宅を売却するなら、建物の耐用年数を考えておきたいところです。中古住宅を購入する立場からすれば、可能な限り安く手に入れたいと考えるはずです。しかし、築年数が浅ければ必ずしも安いとは限りません。逆に、築年数が経過していれば経過しているほど価格が下がるわけでもありません。

実は、住宅を売却する場合にはある時期までは安値にはならないものの、ある時期から突然安くなるケースがあります。例えば、一戸建て住宅で言えば築10年目以降は金額が下がる傾向にあるでしょう。その理由の1つは、様々な備品や設備が壊れるかもしれないからです。

高価なものでいえば給湯器がこれに該当するでしょう。給湯器の耐用年数は10年ほどと言われていますが、もし給湯器が壊れるタイミングで購入してしまった場合、住宅の購入をしてすぐに給湯器の交換をしなければいけません。そうすると、それだけで100,000円以上のお金がかかってしまいます。それ以外にも、電動シャッターなども10年目位に壊れるケースが少なくありません。

そこでこれらを考慮して考えられる売却のタイミングとしては、築10年よりも前が良いでしょう。10年を過ぎてしまった場合には、築15年から20年位で売却をするのが良いです。マンションの場合は、築20年以降から価値が減少するケースがあるため、20年経過する前に売ったほうが良いかもしれません。

 

名古屋で不動産売却をしたいならば、売却時期をよく考えましょう。タイミング的には、ローンを組んでいるならローンの返済金額よりも査定額が高くなったときが良いです。新年度も売却するタイミングとしておすすめです。それ以外では、住宅の築年数を考えて売却をしてみましょう。

おすすめ不動産仲介会社

商品画像
商品名不動産パートナーズホームプランナーナカジツ三井住友トラスト不動産大京穴吹不動産
特徴売主にとって最適な売却プランを提案リノベーションによる売却不動産の価値向上住宅健康診断「ホームインスペクション」の実施エリア流通性に合わせた広告展開全国トップクラスの不動産ネットワーク
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索